北京故宮博物院展・随感【 山本瓔子・詩のギャラリー公式サイト】


北京故宮博物院展 2008/8/12

北京故宮書の名宝展

王羲之ってしってます?

「おうぎし」って読みます。

昔の中国の書道家です。

蘭亭序(らんていのじょ)っていう、史上空前の傑作の書が

北京故宮博物院から来ました。

江戸東京博物館で2008年7月15日~9月15日まで。


私は開幕直後に行ってきました。

H,P aa.jpg


蘭亭序は行書を学ぶ人は必ず手本とします。



蘭亭の会というのを催した帝と名士が、禊ぎとして

曲水の宴を開いて、・・・・・

曲水の宴ってのは何かというと、よく日本画に描かれた、

庭園に水が曲がって流れているの見たことあるでしょう。

その川の流れに、酒を注いだ杯を流します。

上流に座った人から、詩歌を作って杯が自分の前を

通り過ぎないうちに作り終えたら、杯をとりあげ、酒を飲み、

次に座っている、川下の人に流す。

次の人はまた次へ・・・という風に・・・

雅な余興が続いて、その中から名作の詩が生まれると

いうものです。



中国は浙江省紹興県の蘭の渚にあった、亭で開かれた

のが蘭亭会。

その時出来た作品を集めて、その詩集に王羲之が

序文をつけたものなのです。



序文をまねて書かれたものは、いっぱい現存するけど

真筆はないと言われてきました。

私もそう思っていました。

私が書道をやっていたころ、師範をとったころは

たしか真筆はないと言われていました。


それが北京の故宮博物院、かつての紫禁城と

よばれた聖域に、あったんですねえ。


王羲之の蘭亭序の他に、史上空前の傑作書が

並んでいました。




この人の書を学んで後に欧陽詢という大家がでたり

この人は「行楷書張翰帖」がありました。

それと顔真卿という人の「行書湖州帖巻」とかも。



一つずつみて回っていると、突然・・・・


私が動けなくなってしまったのは「沈度」という人の

「楷書敬斎箴」という書でした。



時の皇帝に溺愛されたというこの人の楷書は

この世のものとも思えないすばらしさでした。

先に進んではまた戻り、また戻り、を繰り返し・・・

ただ見入っていました。

雷に打たれたような驚きとはこのことでしょう。



私は心底もう一度この展覧会に行きたいと、

思っています。



もう一度・・・・あの書に逢いたい・・・・と




とにかくすごいもう2度と見られるモノではない

名品が日本に来ています。

興味のないひとも、一度是非いってみてください。

世はまさに北京オリンピックに湧いています。


もう一つの中国に会えますよ。

CornerTopic

合唱研究会で「あすという日が」

「あすという日が」の指導に当たって

LinkIcon詳しくはこちら

歌のアドバイス「風のめぐるとき」

「風のめぐるとき」を学校で練習しているという方からメールをいただきなにかアドバイスをということでした。

LinkIcon詳しくはこちら

母親と子供と詩

子供さんが学校で詩が書けないというとき、母親としてはどうしたらいいでしょう。

LinkIcon詳しくはこちら