感激!! THIS IS IT・随感【 山本瓔子・詩のギャラリー公式サイト】


感激!! THIS IS IT 2009/11/01

10月29日映画「THIS IS IT」
を見てきました。

世界同時、2週間限定上映をしている
映画です。

マイケルが亡くなって、中止となった
最後のコンサートのリハーサルを撮影した
メイキングビデオです。

よかった!!

なまマイケルを見ている感じで
彼のやさしさがよくでていて
胸を打たれました。

環境問題にも強い関心を示していました。
北米大陸を縦断する 蝶 「オオカバマダラ」。

100万匹の大群が4500キロを世代交代
しながら越冬のため飛ぶのを彷彿させる
映像があって、これがあの蝶だとわかる人は
どれだけいるかなと思いました。


スリラーも映像で再現されていました。


マイケルは、実に、実に素晴らしい!!
まさに神の技ですね。


惜しい人を亡くしました。


映画の中で、マイケルは最後まで、全力を
尽くして最高のパフォーマンスを
しようとしていました。


スタッフもダンサーも全員が一丸となって
いました。


観客は日常では体験できないものを求めているので、
その想像を超えた世界へ連れて行かなくては。とか、
僕は決して怒っているんじゃないよ、これは愛なのだよ。
とか、
女性ベーシストに君はほんとにすばらしい。
その素晴らしさを皆に与えよう。という意味のことを
訴えていました。


精神的に本当に豊かな人だったんだと思います。

純粋に誰かを喜ばせたい、という思いで
生きていたのだと思います。

私の隣にいた女性は、ハンカチで
涙を拭いっぱなしでした。

出来上がったコンサートでなく、コンサートを
作る過程の、人間性が良くあらわれた、
ドキュメンタリーで、マイケルの優しさに
あふれた素晴らしいものでした。

映画の上映が終わったとき、観客から期せずして
拍手が沸き上がったのも、この画像が単なる
映画の枠を外れたものであることの、証しであるように
思いました。

2週間の間に、もう1度見たいと思った私でした。



CornerTopic

合唱研究会で「あすという日が」

「あすという日が」の指導に当たって

LinkIcon詳しくはこちら

歌のアドバイス「風のめぐるとき」

「風のめぐるとき」を学校で練習しているという方からメールをいただきなにかアドバイスをということでした。

LinkIcon詳しくはこちら

母親と子供と詩

子供さんが学校で詩が書けないというとき、母親としてはどうしたらいいでしょう。

LinkIcon詳しくはこちら