高尾山へ行って来ました・随感【 山本瓔子・詩のギャラリー公式サイト】


高尾山へ行って来ました

高尾山へ行って来ました 2009/05/25

ミシュランの三ツ星に指定された素晴らしい山

tak1.jpg新緑がやや深い緑に変わって季節の移ろいを
感じさせられる1日、高尾山へ行ってきました。

数年ぶりです。4度目くらいかな。
ミシュランの三ツ星に指定された素晴らしい山です。
tak2.jpg東京都八王子市にある「高尾山」は、
都心から一時間圏内のところにあります。

日帰りでもゆっくりと山歩きが楽しめる国定公園です。

tak3.jpg山麓から行きはリフト、帰りはケーブルカーを利用しました。
中腹の海抜472メートル付近まで登ることができます。

tak4.jpg更に長い階段を上り、山頂へ行ったのは、
これが初めてです。

山頂からは、南に丹沢山塊、天候の良い日には富士山の姿も
くっきりと見ることができ、

空気の澄んだ冬の時季には、南アルプスを遠望することができると
いうことですが、

その日は生憎何も見えませんでした。

tak7.jpg高尾山は山全体が一つのお寺でして、
薬王院という約1200年前に開山された

真言宗の寺院です。
正式には「髙尾山薬王院有喜寺」といいます。

現在は成田山新勝寺、川崎大師平間寺とともに
真言宗智山派の三大本山です。

御本尊は「飯縄大権現」。不動明王の化身で、
五つの相を併せ持った姿が特徴です。

tak6.jpg飯縄大権現様の眷属(随身)として天狗がいます。

除災開運、災厄消除、招福万来など、
衆生救済の利益を施す力を持ち、

古来より神通力をもつとされています。

高尾山は山全体が一つのお寺でして、
薬王院という約1200年前に開山された

真言宗の寺院です。
正式には「髙尾山薬王院有喜寺」といいます。

現在は成田山新勝寺、川崎大師平間寺とともに
真言宗智山派の三大本山です。

御本尊は「飯縄大権現」。不動明王の化身で、
五つの相を併せ持った姿が特徴です。

飯縄大権現様の眷属(随身)として天狗がいます。
除災開運、災厄消除、招福万来など、

衆生救済の利益を施す力を持ち、
古来より神通力をもつとされています。

多くの天狗伝説や天狗信仰があり、神格化されました。
真っ赤な顔と高い鼻、団扇を持った姿の大天狗。

青い顔にカラスのような嘴、剣を構えた姿の小天狗。

別名烏天狗。
その剣で魔を断ちます。

tak8.jpg敷地内には様々な花が咲き、おどろいたことに
赤いマンサクの花が満開でした。

マンサクと言えば、黄色しかないと
思っていた私でしたから・・・

tak10.jpg太い杉の大木に避雷針がとりつけてありました。
めずらしい光景を見ました!!!

tak12.jpg地元出身の作詞家井田誠一氏の歌碑があって
近づくと「若いお巡りさん」の歌が流れて来ます。


tak13.jpgケーブルカーです。

帰りに府中を 通るのですが、ちょうど府中は大國魂神社の暗闇祭りでした。
何遍も見に来ているのですが、チョットだけ立ち寄って見ました。

豪華な山車が出ていました。

高尾山の疲れも少し感じていたので、
ゆっくり見物しないで、早々に帰途につきました。

久しぶりに自分の体力を試してみる機会でした。

丁度良い行程で、フィトンチッドを
一杯あびて満ち足りた1日でした。

CornerTopic

合唱研究会で「あすという日が」

「あすという日が」の指導に当たって

LinkIcon詳しくはこちら

歌のアドバイス「風のめぐるとき」

「風のめぐるとき」を学校で練習しているという方からメールをいただきなにかアドバイスをということでした。

LinkIcon詳しくはこちら

母親と子供と詩

子供さんが学校で詩が書けないというとき、母親としてはどうしたらいいでしょう。

LinkIcon詳しくはこちら