ことばあそび①・詩の書き方(キラキラしよう)【 山本瓔子・詩のギャラリー公式サイト】


ことばあそび①

きょうはちょっと趣をかえて、ことばあそびから詩をかんがえてみよう。
いろんなことばを、あそびに使って組み立ててみるのも、とてもおもし
ろいよ。
たとえばともだちと好きな言葉を紙にかいて、みんなで出し合おう。
ひとりは「ケーキ」と書いたとしよう。
別の子は「鉄棒」「地図」「にこにこ」
またべつの子は「おかあさん」「電車にのって」「しらないところ」
「おばさん」などなど・・・・

それらをばらばらにしてまた組み立てて、言葉を作っていこう。

*********************
電車にのっていった
しらないところへはじめて・・・

おかあさんが地図をかいてくれたので
その通りにいった
公園の鉄棒がぽつん・・・
今のわたしみたいに
心細く

あっ
あった
おばさんの家だ
おばさんはにこにこまっていてくれた
ケーキもまっていた

*********************
こんなふうにまとまった詩でなくてもいいんだよ。
意味がない支離滅裂なことばだけの「くさり」でもおもしろいね。
自分一人でやってみてもいいよ。

作品の使用をご希望の方は、御一報ください。

CornerTopic

詩の書き方

詩の書き方・・・でも人によって個性が違うから どのように人、人の個性をキラキラさせるか

LinkIcon詳しくはこちら

詩と文章

きょうはどんな話をしようか。 まず、「詩」ってなんだろう、ってことから いっていこうね。

LinkIcon詳しくはこちら

個性って何?

詩に個性を持たせることがとても大切だってこと、わかったよね。

LinkIcon詳しくはこちら