詩のページTOP・詩のページ【 山本瓔子・詩のギャラリー公式サイト】


手を振る花

ちょっとした 空き地に
花の種を 蒔いただけなのに
もらった袋を 土に 空けただけなのに

そして
蒔いたことすら
忘れて いたのに

こんなに 沢山の
花を つけて くれた

肥料も お水も
忘れていた

長い時を
暗い 土の中で 耐えて
いま 風の オルゴールに めざめた

わたしの 胸に
「おはよう」と
まっすぐ とびこんでくる 花たち

ちょっとした 空き地に
花の種を 蒔いただけなのに

朝の陽の中で
いのちの きらめきの ように
一斉に 手を振る 花たち

わたしは 思わず
頭を さげた
「ありがとう」と

作品の使用をご希望の方は、御一報ください。

CornerTopic

手を振る花

ちょっとした 空き地に 花の種を 蒔いただけなのに・・・

LinkIcon詳しくはこちら

そのときぼくがそばにいる

だれにも きこえない 胸の奥の ためいき 内側からかけた 鍵を あけてごらん・・・

LinkIcon詳しくはこちら

崖の花

太陽が 的を 射る岩場に いっしょうけんめいに つるを のばして咲いている 花・・・

LinkIcon詳しくはこちら